「王手飛車」とは

こんにちは、「雀グルポケット」です。
当店の基本ルールには

◆門前のみ王手飛車有り

という項目があります。

この「王手飛車」(おうてひしゃ・おうてびしゃ)というのは、将棋で言う「王手飛車取り」に喩えた表現で、「必ずどちらかの役を得られる状態」を指します。

⬆白か發か、アガリ形になると「必ずどちらかの役を得られる状態」なので、完全先付けルールでもリーチせずにアガれるのが当店のルールです。今はこれと同様のルールのお店が多いと思います。

⬆これも同じく、アガリ形になると「必ずどちらかの役を得られる状態」ですが、しかし門前でないので当店ではアガれません。部分役の場合、最初の鳴きが役を確定させるものでないといけない、というのが関西の完全先付けの一般的な解釈だと思われます。

同様の理由で、三色同刻のみ・三連刻のみの場合、1つ目の鳴きで役が確定しない場合はアガれない(対々和や混一色のような全体役ならばアガれる)というのが一般的です。但し一気通貫の場合はそもそもポンしかない三人打ちでは鳴きで確定することがないので、辺張・嵌張の場合に限り「一気通貫部分以外をポンしての、一気通貫のみのアガリ」が例外的に認められるのですが…この辺の不整合については、また別の機会に語りましょう。

さて、「王手飛車」に話を戻します。

普通「王手飛車」というと、前掲の画像のような役牌どうしの双碰をイメージしますが、実はかなりいろいろなパターンが存在します。

⬆これはツモれば白でも4pでも三暗刻が付きますが、ダマでの出アガリは役が確定しないのでできません。

⬆しかしこれは、白ならば役牌、4p7pならば三暗刻と、「必ずどちらかの役を得られる状態」なので、「王手飛車」でダマでの出アガリが可能です。

 

⬆これは1pで平和、7pで断么九、そして4pでタンピン(断么九平和)。3種類以上の待ちがある場合でも、その全てに役が付く形であれば、ダマでアガれる「王手飛車」となります

⬆対して、これは1p4pで平和ですが、7pだと役無し。うっかりアガってしまう時がありそうですが、典型的なダマではアガれない牌姿です。

 

⬆これは1469pの4面待ち、1p9pでジュンチャン(純全帯么九)ですが4p6pでは役無しなので、もちろんダマでの出アガリはできません。

⬆これも2pでジュンチャン(純全帯么九)ですが3pで役無し…かと思いきや、三暗刻が付きます。つまりこれも「王手飛車」で、ダマでの出アガリ可能です。

 

⬆そしてこれは8sで789のイーペーコー(一盃口)、4sでピンフ(平和)、そして7sで ピンフ(平和)+567のイーペーコー(一盃口)が付くというちょっと珍しい形。これももちろん「王手飛車」で、ダマでの出アガリ可能です。

いろいろなパターンがありますが、とにかく「複数ある待ちの全てで、役が付くことが確定している場合」が「王手飛車」で、当店では門前ならばアガれます。完全先付けルールの関西の三人打ち店では、当店に限らずこのパターンならばアガれるお店が多くなっていますが、初めて訪れるお店では必ずルール確認しておくことをお勧めします。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*