ルール&マナー

ルール&マナー

基本ルール

◆完全先付
◆途中流局は一切なし
◆門前のみ王手飛車有り
◆5ピン・5ソーは全てドラ
◆リーチ後の一発あり、裏ドラ・カンドラ・カン裏ドラ全てあり
◆カンドラは、暗カン・明カン・加カンの全てで即乗り
◆トイトイとチンイツに限り、鳴いてもタンヤオがつく
◆フリテンツモ、同巡ツモあり
◆流局前の1巡内でアガリ牌が出ていてもテンパイとなる
◆カラテンはテンパイとなるが、自分で待ち牌をすべて使い切っている場合はテンパイにならない
◆供託棒はアガリ取り
◆北は三元牌同様に翻牌
◆華牌あり
◆ピンフの場合ツモってもツモの役は付かない

持ち点、アガリ点について

◆35,000点持ちの40,000点返し
◆0点はトビ(ゲーム終了)
◆箱下の点数も数える
◆ノーテン罰符は場に2,000点
◆100点の位は切り上げて1,000点単位
◆ツモアガリの点数は、点数表に従う
◆積み棒は1本場につき1,000点
◆積み棒は、ロンは振り込んだ1人・ツモは2人からもらえる
◆ダブロンの場合、積み棒は頭ハネ
◆ツモアガリの点数は丸取り(ツモり損なし)

沈みウマ、トビについて

◆40,000点に満たない場合、▲10,000点の沈みウマがつく
◆0点以下になった場合、▲10,000点を支払う
◆ダブロンや二人テンパイ時のノーテン罰符でとんだ場合、トビ者の下家から順番に支払い、点棒を支払えなくなったところでトビとする

親の権利と、局・半荘の終了について

◆東場はテンパイ連荘
◆南場はノーテンでも連荘
◆ドラ表示牌の手前までツモる
◆ハイテイ牌はカンできない
◆ハイテイ牌の一つ手前の牌でカンする場合は、リンシャン牌をツモらずに流局(その際、テンパイであればテンパイ料をもらえる)
◆1局に4つのカンが発生した場合、流局にはならない(四カン流れなし)が5つ目のカンはできない
◆南3局終了時、トップ者が40,000点に満たない場合は返り東場になる
◆返り東場は、トップ者が40,000点を超えた時点で終了する(サドンデス方式)
◆返り東場3局終了時、トップ者が40,000点に満たなくてもそこで終了(返り南場はなし)
◆同点トップは、起家から近い順に優先される(分けはなし)
◆オーラス(南3局、返り東場のサドンデス時)の親は、トップになったら強制終了(アガリ止め)
◆オーラスの親はテンパイ止めなし(ノーテンでも連荘なので、アガリかトビ以外で終わることはない)、ただし返り東場のサドンデス時はテンパイ料で40,000点に達すればそこで終了

華牌について

◆華牌は抜きドラとする
◆華牌を河に捨てることはできない
◆華牌は空気扱いとするので、リーチ後に抜いても一発は消えない

リーチについて

◆残り1,000点でのリーチは可能、ただし1局終了後収入がない場合はトビ
◆フリテンリーチなし
◆フリテンリーチ・リーチ後の見逃し・ノーテンリーチ・空テンリーチは流局時チョンボ
◆リーチ後の暗カンは任意
◆リーチ後、送りカン・待ちの変わるカンはできない(してしまった場合は流局時チョンボ)
◆リーチ発声の後の取り消しは、打牌完了前に限り1,000点罰符の上で認める
◆リーチ発声後に取り消した場合、鳴きは禁止(暗カンはOK)で、再度立直しないとアガれない(ダマでのアガリ禁止・流局時テンパイにもならない)
◆間違えて「リーチ」と発声し、打牌完了している場合は取り消せない(流局時チョンボ)
◆暗カンの選択が発生する場合があるので、リーチ後でも他家の手牌を覗く行為は一切禁止、これを行った場合は即チョンボ

罰符について

◆「ポン」「カン」「リーチ」と発声したが取り消したい場合は、打牌完了前に限っては1,000点罰符を出して取り消せる
◆「ポン」「カン」の取り消しの場合、取り消し後は通常通りアガリに向かうことができる(リーチの取り消しのみ制約あり、前項「リーチについて」参照)
◆多牌、少牌、食いカエ(打牌完了)は、アガリ放棄・鳴き禁止・流局時ノーテン扱い
◆「ロン」「ツモ」の誤発声は、手牌倒牌前ならば1,000点罰符を払った上でアガリ放棄・鳴き禁止・流局時ノーテン扱いでそのまま続行
(他家のアガリが発生した場合はそれに従った支払いも行う)
◆「ポン・ロン」「カン・ロン」「ポン・カン」「カン・ポン」の二重発声は最初の発声のみを有効とするので、実際に鳴くか、鳴き取り消しの1,000点を払うか選択する
◆「ロン・ポン」「ロン・カン」の二重発声は最初の発声のみを有効とするのでアガリ放棄・鳴き禁止・流局時ノーテン扱いでそのまま続行(他家のアガリが発生した場合はそれに従った支払いも行う)

チョンボについて

◆チョンボは親、子、ともに8,000点オールとする
◆子のチョンボは親は流れない
◆親のチョンボは東場は親流れ、南場は親は流れない
◆積み棒、リーチ棒、供託棒はチョンボが発生した局の開始時の状態に戻す
◆誤ロン・誤ツモは手牌を倒牌するとチョンボ
◆ポン・カンはさらし間違えて打牌完了すると、アガリ放棄・鳴き禁止の上に流局時チョンボ(打牌完了前ならば誤ポン=1,000点罰符で取り消せる)
◆「フリテンリーチ」「リーチ後の見逃し」「ノーテンリーチ」「空テンリーチ」は流局時チョンボ
◆アガリ放棄の状態になって「ポン」「カン」「リーチ」「ロン」「ツモ」の発声をした場合は、その時点でチョンボ
◆局途中での理由なき倒牌、ゲーム続行不可能な山崩しはチョンボ
◆(リーチ後でも)他家の手牌覗きは即チョンボ

七対子と特殊役について

◆七対子は40符2翻
◆七対子の4枚使いあり
◆メンホン七対子=小車輪は6翻役
◆メンチン七対子=大車輪は役満
◆人和(自分の第1ツモ前までの他家の捨て牌のロンアガリ、他家の華牌抜き後も認める)は8翻役
◆三連刻、三風は2翻役
◆四連刻は役満
◆流し役満あり
◆マンズ混一色は特殊役として採用していない(通常の複合役のみ)

役満について

◆数え役満は14翻以上(場ゾロを入れると16翻以上)
◆役満はすべて4倍満
◆複合している場合はダブル役満以上を認める
◆採用している役満は以下の通り(単独だと全てシングル役満=4倍満)
・「天和」(親の配牌でアガリ、華牌抜き後も認める)
・「地和」(子の第1ツモでアガリ、華牌抜き後も認める)
・「国士無双」(暗カンでのチャンカンアガリの特例は認めない、13門待ちも
シングル役満で現物以外でもフリテンは出アガリできない)
・「四暗刻」(単騎待ちもシングル役満)
・「緑一色」(發なしでも成立)
・「四槓子」(四つ目のカンが成立した時点で成立、ただし加カンの場合は
チャンカンロンされないのが条件)
・「大三元」「字一色」「大四喜」「小四喜」「清老頭」「九蓮宝燈」
「流し役満」(流局時に成立、自身は鳴かない・鳴かれないのが条件
アガリ役扱いなのでアガリ放棄だと不成立)
◆大三元・大四喜・四槓子は確定させる牌を鳴かせた者はパオ(責任払い)が発生する
◆パオは、ツモアガリは責任者の全額払い、ロンアガリは責任者と振込者の折半(同一者の場合は全額払い)
◆役満パオが出た局の積み棒は、全て放銃者が支払う

点数表

点数表

マナーについてのお願い

◆各種発声(ポン・カン・ロン・ツモ)は、明確に他家に聴こえるようにお願いします
◆強打・引きヅモ・先ヅモ・片手倒牌はお止めください
◆ツモ牌を手牌に付けてからのツモアガリはお止めください
◆手牌より前の河に牌の背を付けた時点で捨て牌とみなします(手牌に戻せません)
◆他家に対する助言・誘導、他家のアガリや打牌に対する批判は禁止です
◆真偽にかかわらず、手牌の内容や打点に関する発言はお止めください(三味線禁止)
◆麻雀牌・麻雀卓・点棒その他備品は大切に扱ってください
◆立ち見・横見・後ろ見は禁止とします
◆見せ牌・コシ牌に関する規定はありません
◆上記のマナー違反が故意だとメンバーが判断した場合その局はアガリ放棄で、注意しても改善がない場合は次局以降のプレイ中止をお願いする場合があります
お互いが気持ちよく遊べるように
マナーを心がけて頂きますよう、お願いいたします!!

スタッフの代走・本走について

◆代走・本走を問わず、スタッフの打ち方に関して一切の制約を設けておりません(リーチ・仕掛けも行います)
◆お客様同士と同様、スタッフのアガリや打牌についての批判はご遠慮ください
◆スタッフのマナーに関して気になる点がございましたらお手数ですがその場で是非おっしゃってください
◆代走は原則メンバーのみとさせて頂きます